ゴルフにセンスは必要なのか

【真実教えます】手打ちはダメ…🙅‍♂️よく言われるこのフレーズ。果たして本当なのか!?

皆様こんにちは!!

ブリッジゴルフ博多駅前店の古賀です😊

今日の朝鏡を見てみると、何と!!顔に切り傷が入っていたのです😮

皆様も経験あるかとは思いますが、虫刺されとか小さな怪我に気づいていないときって何も感じませんが、一度自覚してしまうとそこから一気に気になりだしますよね??

只今、顔がじんじんしております…

発見しなければよかった…

とまあ、何とか元気でやっております😊!!

ところで皆さま、ゴルフではよく「手を使うな」という表現を耳にしますよね??

鵜呑みにして手を全く使わずに体の回転で…なんてしているとスイングが分からなくなってしまったり…

たくさんいらっしゃると思います😢

そこで今日は、「手を使うな」は正しいのか!?というテーマでブログを書いていこうと思います😁

是非最後までご覧くださいませ💁‍♂️

【手は使う?使わない?】

ゴルフスイングにおいて「手を使わない」というのは正しくもあり間違ってもいると言えます!(笑)

「どういう事??」と疑問に思う方たくさんいらっしゃると思いますので、しっかり解説していきます。

【ゴルフクラブには特性がある】

ゴルフスイングにおいて(特に初心者の場合)大事になってくる基本の動きがあります。

それは「フェースローテーション」です。

ゴルフクラブというものはいわゆる「偏重心の物体」です。

大体すべてのクラブがL字型になっていると思います。

こういった形状のものは、ゴルフクラブとアイスホッケーのスティックくらいです。

こういったL字型の物体を上手く使うには、偏重心の特性を理解していなければいけません。

ゴルフクラブで考えてみましょう⛳

このようにリーディングエッジを目標方向に合わせて構えた時に、クラブヘッドの重心はどこにあるでしょうか。

正解は、シャフト軸に対して後方に配置されております。

黄色で丸を付けているところにクラブヘッドの重心は配置されているという事になります。

と、いう事はスイング中に何も力をかけなければクラブヘッドは後ろに向いていく。つまりフェースが開いていく動きになります。

とすると「手を使わない」というと大体初心者の方はスライス(右に飛ぶ)してしまいます。

上級者が良く言う「手を使わない」はゴルフクラブを上手に扱えるうえでの話になってくるので、ゴルフを始めたばかりの人にとってはとても無謀なアドバイスだと考えます。

まずはクラブを閉じながら使う(フェースローテーション)ことを覚える。そのためにはハンドアクションは必須だと言えます💪

【手の使い方】

では具体的にどうやってフェースローテーションを行っていくのか。

全ての方に当てはまるものでは無いですが、一つポイントをお話していきます💁‍♂️

それは「右手のひらの向き」を意識していきましょう!!

通常、極端なストロンググリップやウィークグリップでない限り、右手のひらの向きとフェース面がほぼほぼ一致します。

スイング中に右手のひらの向きが上を向かないように、意識していきましょう!!

最初は下に向ける意識でいいと思います👇

そうすることでフェース面が返りやすくなり、段々と強い球が出てくるようになります。

是非練習場などで試されてみてはいかがでしょうか??

【まとめ】

いかがだったでしょうか??

このようにブリッジゴルフ博多駅前店では、ゴルフクラブの使い方を中心としたレッスンを展開しております!!

打ちっぱなし練習場で球をひたすら打つのもいいですが、インドアのゴルフ練習で打球を気にすることなく、正しいクラブの使い方をマスターしてみることに挑戦してもいいかもしれませんね!!

特に中々100を切れずに停滞している方、ゴルフを始めたいけど何から始めていいのか分からない…などという方々は、一度ブリッジゴルフ博多駅前店の体験レッスンにお越しくださいませ😁

きっとあなたが知らなかったようなことを教えてもらえる事でしょう!!

さあ、ゴルフクラブの正しい使い方をマスターしましょう🤗

最後までお読みいただきありがとうございました🙂

体験レッスンのご予約はこちら👈

ブリッジゴルフ博多駅前店 古賀

  1. ゴルフが上手くならない
  2. ゴルフにセンスは必要なのか
PAGE TOP