初心者がボールを綺麗に当てる為の基本ステップ!

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、綺麗にボールに当てていく練習方法についてお話させて頂きます。

綺麗にボールに当てていくためのポイント

はじめに、綺麗にボールを当てていくためのポイントについてお話させて頂きます。

大きなポイントは、3つございます。

①左腕を曲げない

②上体を起き上がらせない

③手元が元の高さに戻ってくる

1つ目の「左腕を曲げない」について

綺麗にボールに当たらない原因として、

最初の構えと、振りかぶってからボールをミートする時で、

左腕の長さが異なっていることが多いです。

最初の構えで左腕が伸びているのに、ボールに当たる時に左腕が縮まっていたら、

ボールの上っ面(トップ)に当たるか、空振りをしてしまいますよね。

なので、左腕は曲げないようにしておきます。

特に、バックスイング(振りかぶり)の時に左腕が曲がってしまうことが多いので、

バックスイングの最後まで、左腕は曲げないようにしておきます。

「上体を起き上がらせない」について

2つ目に意識したいポイントが、上体を起き上がらせないということです。

上体が起き上がってしまうと、最初に構えた時と

クラブとボールの距離が変わってしまいます。

なので、上体はずっと起き上がらないようにしておきます。

打ち終わった後、「勝手に」

上体は起き上がって来ますので、上体はずっと起き上がらないようにキープしておくことが

ボールを綺麗に打っていく上で、大切になってきます。

「手元が元の高さに戻ってくる」について

3つ目にボールを綺麗に当てていく為に大切になってくるのが、

手元が元の高さに戻ってくるということです。

例えば、最初の構えた手元の位置と、

ミートするときの手元の位置が一緒のところへ戻ってこなければ、

ボールの上や、地面を叩いてしまいますよね。

なので、ボールを綺麗に当てていく為には、

手元を構えたときの位置へ戻して来る必要があります。

練習方法

それでは練習方法についてお伝えさせて頂きます。

行い方は、フルスイングをしないことです。

いきなりフルスイングをしてしまうと、意識するポイントが多いので、

先ずは、腰の高さまで振りかぶり、腰の高さまで振っていくという

小さいスイングを行って行きます。

その小さいスイングの中で、上記の綺麗に当てる為のポイント3つを

意識して練習していきます。

先ず、この小さいスイングで綺麗にボールを当てることが出来なければ、

大きなスイングをしていったところで、

毎回綺麗にボールを捉えれるわけないですよね。

ですので、まずは焦らず小さなスイングからボールを綺麗に捉えていく練習をしていきましょう。

小さいスイングで綺麗にボールを捉えれるようになってきたら、

あとは、その感覚のままスイングを大きくしていけばいいので、

小さいスイングからしっかり練習を行ってみて下さい。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。