変わるなら今!安定したショットを手に入れるための練習方法

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、安定したショットをしていくための練習方法についてお伝えさせて頂きます。

地味だけど一番の近道

安定したショットをしていくために、是非行って頂きたい練習方法が

「片手打ちに」になります。

左、右、左右の片腕で30ydを目安に打ってみてください。

そうすると、どっちの腕が正しく使えていないのかが

よく分かってきます。

また、正しいスイングの軌道を身体へ覚えさせて行くことも出来ます。

最初は空振りをしたり、面白くないと思われるかと思います。

しかし、ラウンドで気持ちの良いショットをする為には一番の近道になりますので

ご興味がありましたら是非行ってみてください。

1YDアプローチショット

次に、安定したショットを最短で手に入れていく練習方法が、

「1ydのアプローチショット」になります。

ものすごく地味になります。笑

しかし、この1ydという距離で、小さいスイングの中、綺麗にボールを捉えていくというのは

フルショットよりもかなり難しいです。

身体とクラブの同調であったり、スイングのリズム、手先を使っていないか

色々な、ショットを不安定にさせている課題が現れてきます。

この1ydアプローチショットを練習することによって、

アプローチが上手くなっていくのは勿論のこと、

ドライバーのショットも安定してきます。

練習場に行かれる時に大事にしていただきたいことですが、

多くの方が、ナイスショットを連発しに行こうと練習に行かれると思います。

勿論練習しないよりは遥かに良いことですが、

更に上手くなっていく効率を上げるために、

練習場では、ミスショットを大事にしてください。

ミスショットが出た時に、直ぐにナイスショットを打とうとして、

次のスイングに行くのでは、ボールが勿体ないです!

(気持ちはとてもとても分かります。笑)

ミスショットが出た時に、何故ミスが起こったのかをよく考えて、

色々試していくことが一番のゴルフ上達の近道になります。

また、ご自身のスイングを動画で撮り、元ゴルフ部の友達やスクールなどで、アドバイスを受けられてみてください。

とても上達してきますよ😊

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. ゴルフ アプローチを練習する女性
  2. ゴルフ 海沿い
PAGE TOP