すぐに使える技術!ドライバーのスライスが止まない方々へ

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、ドライバーでスライスが出てしまう時の改善策をお伝えさせて頂きます。

クローズスタンス

結論から申し上げると、ドライバーでスライスが出てしまうのであれば

クローズスタンス」で構えることをオススメ致します。

「クローズスタンス」とは、

左足を右足よりもやや前に出して構えるスタンスのことをいいます。(右打ちの場合)

スライスが出てしまう原因

スライスが出てしまう要因はいくつもありますが、

その一つとして、「アウトサイドイン」の軌道でインパクトを迎えるということが挙げられます。

右打ちの場合でお話させて頂きます。

アウトサイドインとは、

クラブヘッドが右から左へ(外から内へ)抜けていく軌道になります。

アウトサイドインの軌道でインパクトを迎えると、ボールに対して右から左へ

こすれるような当たりになりますので、時計回りの回転が掛かります。

その結果、スライス回転となり右に逸れていってしまいます。

このアウトサイドからクラブヘッドが出てくる原因として、

右肩が前に出てくるということが挙げられます。

しかし、右肩を前に出さないように打つ、インサイドアウトの軌道で打つということは

頭で分かっていても中々上手くいかないのではないでしょうか。

そこで、スイングの意識を変えずともスライスを防止、ないしコースにボールを残す方法として

提案したい改善方法が、クローズスタンスになります。

クローズスタンスで構えると、自然に右肩が左肩よりも後ろへある状態になります。

そうすると、自動的にクラブが内から外の軌道でボールに対してインパクトを迎える事ができます。

因みに、クローズスタンスで構える時のフェースの向きは、

普段構えられている時と同様に、打ち出し方向に対して真っ直ぐ向けるようにしておいて下さい。

内から外の軌道でクラブヘッドが降りてくることにより、

ボールに対してクラブヘッドが包み込むようなインパクトになりますので、

反時計回りの回転を掛けることが出来ます。

その結果、ドローボールを打つことが出来ます。

スライスは無くなって来るでしょう。

ドライバーでスライスが出るという方は、

是非一度、このクローズスタンスを試してみて下さい。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. rain of snow in town painting
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。