もっと輝くアイアン!インパクトがぐんとよくなる練習法!

皆さんこんにちは!ブリッヂゴルフの古賀です。

最近ジメジメしてきて気分も晴れませんよね~(´;ω;`)

そんな時は、ゴルフの練習に行きましょう!練習場でスカッと爽快なショット打てたら気分も晴れますよ!(^^)!

いやいや待て待てと。そんなに簡単に気持ちいいショット打てたら苦労しねえよと思ったそこの貴方!

超~~~~~~~~おススメの練習方法……あります👌

これが出来るようになるとインパクトが分厚くなり、理想のフォームに近づけます!!

最初は慣れなくて大変ですけども…慣れてしまえば今のゴルフが2段階3段階上のレベルに行けますよ😉

前置きが長くなりましたが、その練習方法について紹介していきます。

それはズバリ!「左手一本での片手打ち」です!!!!!!!

いかがですか?

なんだよ、聞いたことあるよという方も、まずは読んでみてくださいね😆

そもそも、基本的にゴルフにおいて「押す」という動作はありません。アマチュアに特に多い動きの一つである、右半身で押す動作(右手で押し込む、右肩が前に出るなど)がスイングに入ってしまうと、アウトサイドイン軌道になったり、ショットの安定性が欠けてしまう原因になってしまいます。

本来のゴルフのスイングは、左手で引っ張ってくる動作が大事になってきます。

そこで、おススメなのが左手一本での片手打ちです。この練習を行うことで得られるメリットは、

①始動がよくなる

②左手主導のスイングになる

③自然とハンドファーストが身につく

1つの練習でこんなにも良い事があるんです😊やるしかないですよね??

次にポイントをそれぞれ説明していきます。

まず始動ですが、しっかりと右に体重を乗せてクラブを上げていきます。

☝しっかりと右に乗っていますね!

この時に腕だけで上げないように注意しましょう。

☝腕だけで上げてしまっています✖

そしてそこから左手の親指にクラブが乗ったらインパクトにかけて、左手でリードするように引っ張ってきます。

この時にしっかりと体重移動で振れていると自然とハンドファーストの形になります。

☝しっかりと左に乗った状態でインパクト。ハンドファーストが自然に!

☝腕だけだとハンドレイド気味に当たってしまいます。これだと遠心力も少なくクラブをうまく使いこせていません✖

もちろん最初はなかなかできませんが、だんだんとやっていくうちに慣れてきて上手く打てるようになります!

目安ですが、左手一本でそのクラブの8割は飛ばさないといけないと言われています。例えばPWで130ヤード飛ばす方なら、約100ヤードくらいは左手一本で飛ばせるようになると良いということです。

これもやっていく内に段々と飛ぶようになっていきます。

プロのツアー選手でも、最初に練習で、左手の片手打ちを取り入れている選手は多数います。それほど効果的で大事な練習ってことですよね!!!!

是非皆さん、練習場でやってみてはいかがでしょうか????

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。