何度でも出せるようになる!バンカーショットについて

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、バンカーショットについてお話させて頂きます。

バンカーとは?

そもそもバンカーって何?と思われる方もいらっしゃると思います。

バンカーとは、ゴルフコースに設置されている障害の一つで、

砂が敷き詰められている窪みのことをいいます。

バンカーはグリーンの手前など、ヤラシイ場所に設置されております。

なのでコースを回ると、特に初ラウンドでは一回はバンカーにボールが入ると思います。^^;

バンカーでの打ち方

それでは、バンカーでの打ち方についてお伝えさせて頂きます。

先ず、バンカーでは「手打ち」を意識しましょう!

スタンス(足幅)をしっかり開き、腰を落とします。

そして、グリップは右手がシャフトに掛かるぐらいに短く持ちます。(右打ちの場合)

そして、ボールを直接打ち込むのではなく、ボールの手前の「砂」

しっかり出したい方向へ飛ばすようにします。

腰は切らず、しっかりボールの手前の砂を飛ばすようにしてみて下さい。

尚、バンカーショットのルールとして

ボールを打つ前に、クラブを砂につけてはいけないというルールがありますので

気をつけて下さいね。

また、ゴルフ場によっては、バンカーショットを練習できる場所もありますので

初ラウンドを迎える方は特に、早めにゴルフ場に行って練習されてみて下さい!

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. ゴルフ 笑顔
  2. ゴルフ|パター
PAGE TOP