運命を変えるアドレス!まさかこんなことしてませんよね!?

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、初心者から中級者まで以外にやりがちな、アドレスのミスについてお話させて頂きます。

因みに、ゴルフにおけるアドレスとは「打つときの構え」のことをいいます。

あなたのスイングを100%活かすために

アドレスと聞くと、色々な気をつけるところが沢山ありますよね。

例えば、番手(クラブの種類)ごとによるボールを置く位置、グリップ、スタンス、重心位置、前傾角度、腕のたらし具合、左右の腕の長さの調整…

アドレスで確認するところは沢山あると思います。

しかし、これらを確認する前に、絶対に行ってはいけないことがあります。

これを、行ってしまうとあなたの素晴らしい意識で出来ているスイングが全て水の泡になってしまいます。

それは、

「ボールとクラブの位置関係を手元で調整している」ということになります。

どういうことかといいますと、

皆さんはこんな経験がございませんか?

アドレスをとり、足の置く位置、姿勢を決めた後、

ボールとクラブの距離が若干遠かったり、近かったりしたとき、

手元を手前に引いてきたり、逆に遠ざけたりして調整されたことはございませんか。

そうして手元の位置を調整された、そのアドレス…

手元が自然な位置にきている状態でしょうか?

腕を自然な位置に戻したとき、クラブとボールの正しい位置関係が崩れたりしていないでしょうか。

スイング中は遠心力が掛かったり、腕に力を入れないことから手元が自然な位置に戻ってきます。

ということは、どれだけ素晴らしい意識とスイングが出来ていたとしても、

手元が自然に戻ってくるそのクラブとボールとの位置関係が「もともとヒールに合っていたら」

クラブの芯でボールを捉えることは出来ませんよね。

更に、上手く当たらない原因が「そもそも自然な手元の位置でボールとクラブを合わせれていない

と気づかなかった場合、

スイングに問題があるのかな? さっきと同じ意識だけど当たらないのは何で?

と悩んでしまいますよね。

素晴らしい意識でスイングは出来ているのに、そもそも帰ってくる位置がズレていたら

何をしても上手く当たりませんよね。

なので、最初のアドレスのとき、腕を自然な位置に垂らした時、

クラブとボールとの距離が近いな、遠いな、となった時は、

手元で調整するのではなく、ご自身の足の位置で調整をされて下さい。

0に100や1000を掛けても0ですよね。

100×0=0ではなく100×1=100となるよう、

あなたのスイングが100%反映されるように、最初のアドレスは

手元が自然な位置の時に、ちゃんとクラブとボールが正しい位置関係にあるようにしてみて下さい。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. 9/7

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。