まだ間に合う飛距離UP!ヘッドスピードの上げ方!

皆さんこんにちは。沼です。

本日はヘッドスピードの上げ方についてお話させて頂きます。

飛距離の要素とは?

ヘッドスピードの上げ方をお伝えする前に、

皆さんは、飛距離の要素をご存知でしょうか?

飛距離の要素とは、「ボール初速」、「打ち出し角」、「バックスピン量」になります。

え?ヘッドスピード関係ないの?と思われるかと思いますが、

ヘッドスピードも、飛距離を出していくのに大事な要素となってきます。

ヘッドスピードが速く、ボールをきちんと芯で捉えることができれば、

ボール初速は上がってきます。

逆に言えば、いくらヘッドスピードが速くても、きちんとボールを芯で捉えることが出来なければ、

ボール初速は上がりません。

ヘッドスピードを上げる練習とは別に、ボールを芯で捉える練習も必要となってきます。

ヘッドスピードの上げ方

それでは、ヘッドスピードの上げ方についてお話させて頂きます。

ヘッドスピードを上げていくには、左手の減速が大切になってきます。

皆さんは、ヘッドスピードを上げていこうとした時、

クラブをとにかく思いっきり振ろうとされていないでしょうか。

とにかく、クラブを目にも留まらぬ速さで振れるようになることこそがヘッドスピード70を達成できるんだ!と

しかし、それではアームスピードは速くなるかもしれませんが、ヘッドスピードは上がらないです。

ゴルフでは、シャフトがしなり、その反動でヘッドが走った結果、

ヘッドスピードが上がってきます。

つまり、一度、左手をスイングの中で減速させる瞬間が訪れ、

その分シャフトがしなり、ヘッドが走っていくこととなります。

このヘッドが走る感覚を掴む練習として、

ボールに対してインパクトを迎える前に、手元を止めてみて下さい。

最初は小さいスイング、腰の高さぐらいから行っていきます。

そして、出来てきたら段々とバックスイングを大きくして、インパクトの瞬間で手元を止める練習を行います。

何回か行うと、シャフトがしなりヘッドが走る感覚が分かって来ると思います。

ヘッドが走る感覚が分かってきたら、そのままヘッドを走らせてあげてインパクトを行っていきます。

そうすると、球が掴まり、そんなに腕を振り回さなくても飛距離が伸びるということを実感して頂けると思います。

最初は感覚を掴むのに難しいと思いますが、感覚を掴むことが出来れば必ず球は掴まり飛距離は伸びていきます!

頑張って練習されてみて下さい。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。