【初心者の方必見】グローブはこう選べ!!

皆様こんにちは❕❕

ブリッジゴルフの古賀です😊

ゴルフライフ楽しんでいらっしゃいますでしょうか❓

僕は、絶賛スランプ中です❕(年中スランプですね笑)

さて今回はグローブの選び方についてお話していこうと思います❕

1.なぜグローブをするのか

ゴルフのグローブというと、少し地味ですが、スイングする中で非常に大事なアイテムとなります。

グローブの重要な役割は、、、

・クラブを握る時のグリップ力を高めること

・手を保護すること

などがあります😁

なので、できるだけ素手に近い感覚で、なおかつ滑りにくいグローブであることが良いグローブの条件となります💁‍♂️

右利きの場合、左手がクラブを支える支点となりますので、一般的には左手だけにグローブをはめます。グリップ力よりも素手のフィーリングを大事にして、グローブをはめない方もいます。

また、女性の場合は、手の保護を重視するため両手につける方が多いです。

なので絶対にグローブをしないといけない❕というルールは無いですが、グローブをするのとしないのでは、グリップ力に大きな差が出てきます🤨

2.めちゃ大事❕グローブのサイズはこう選ぶ❕

グローブを選ぶ際、一番重要なことはぴったりのサイズを選ぶことです💪

小さいものは物理的に入らないので、中々選ぶ方はいないですが、逆はよく見かけます🙄

指先がかなり余った、サイズの大きなものを買うのもNGです✖

高いグリップ力を得るには、クラブのグリップとグローブが密着すると同様に、グローブと手のひらも密着するのが理想です😊

大きすぎるグローブは、手のひらとの密着性が悪くなってしまうので、スイング時に余計な力が必要となり、ヘッドスピードの低下や、最悪の場合スイング自体が壊れてしまう可能性もあります😢

男性の場合、主に21~26㎝で1㎝ずつ小刻みにサイズが選べるようになっています。

このサイズは、環状線の始まり(小指の付け根の1~2㎝下)から、生命線の始まり(人差し指の付け根の下1㎝)を通る手の円周の長さを基準としています💁‍♂️

ここのサイズと合うグローブであれば、まず間違いは無いでしょう❕

一応、お店でグローブの試着も出来ますので、お店の方に声をかけてから試着してみましょう😁

3.「天然皮革」と「合成皮革」の違い

グローブの素材には「天然皮革」と「合成皮革」の2種類あります。

どちらを使うかは、ご自身で決められるといいでしょう❕❕

・天然皮革

天然皮革は主に、エチオピアシープと呼ばれる羊の皮を用いて作られます。

非常に柔らかい素材で、張り付くようなグリップ力と、吸い付くようなフィット感があります。

「素手に近いフィーリング」や「高いグリップ力」を求めたい方はこれを買うといいでしょう。

ただ、コストパフォーマンスや耐久性で言うと、合成皮革よりは劣ってしまいます…😣

なのでコストパフォーマンスよりも機能性を重視するプロや上級者に好んで使われます💁‍♂️

・人工皮革

人工皮革は天然皮革に比べて素材自体が伸びにくいので、フィット感は多少劣ります。

ただ、天然皮革に比べて、丈夫で水洗いすることができ、長く利用できるのが最大のメリットです。

デザイン性も豊富なので、「カジュアルにゴルフを楽しみたい」という方は、合成皮革のグローブがおススメです💁‍♂️

初めてのグローブは1000円以下で充分❕機能性やデザインにこだわりたいなら2000円程度が相場

今回はグローブについてお話させていただきました❕

また、ブリッジゴルフでは

・大人から始めた方でもわかりやすい

・クラブの使い方に特化したレッスン内容で、成長が早い

・最速で100切りが目指せる

・とりあえずゴルフを楽しみたい、周りに迷惑をかけたくない

といった初心者の方必見のレッスンを行っておりますので、ご興味のある方は、まずは体験レッスンにお越しくださいませ🤗

体験レッスンはこちら

それでは、また😁

ブリッジゴルフ 古賀

  1. ゴルフ ウェッジ
  2. ゴルフ 悩む
  3. ゴルフ 悩み
PAGE TOP