【ゴルフ初心者向け】真っすぐ飛ばすコツを徹底解説!

皆様こんにちは!!

ブリッジゴルフ博多駅前店の古賀です🙂

さて皆さま、ゴルフの醍醐味って何でしょうか…??

飛距離だったり、スコアだったり、アプローチ・パターなどの小技だったり…

人によって考え方は違うと思いますが、私の考えるゴルフの醍醐味は、ボールを狙った方向へ飛ばすことにあります。

ゴルフはターゲットゲームであるので、いかに狙ったところへ飛ばせるか以外に無いと考えます。
しかし、初心者が直面するのは、フックやスライスといった予期せぬ曲がり球。これらはクラブの振り方や当たり方に微妙な誤差が生じることで発生します。
正しいスイングクラブの使い方をマスターすれば、ボールは思い通りの軌道を描くはずです。この記事では、そんな狙ったところに球を飛ばすためのコツを、初心者にもわかりやすく解説していきます💁‍♂️

是非最後までご覧くださいませ😁

【はじめに】ゴルフ初心者が知るべき真っすぐ飛ばすための基礎知識

ゴルフを始めたばかりの初心者にとって、まず押さえておきたいのはボールを真っすぐ飛ばすための基本です。そのためには、正しいアドレスの構え方やクラブの持ち方が非常に重要となります。アドレス時には、足の幅を肩幅にし、膝を少し曲げることで安定した姿勢を作り出しましょう。クラブは握りすぎず、自然な力で持つことがコツです。

スイングの基本としては、ゴルフクラブを振り子で使えるようになるまで練習していきましょう!どれだけ体が正しい動きをしても、ゴルフクラブが正しい設計通りに動かなければ、残念ながらボールには当たりません。まずはゴルフクラブの正しい使い方をマスターしましょう!

そして、曲がりを抑え、真っすぐ飛ばすためには、フェースの開閉をコントロールすることが重要です。ボールがフックやスライスせずに真っすぐ飛ぶには、インパクトの瞬間にクラブフェースがスクエア(目標に対して直角)になっている必要があります。

このように、ゴルフで真っすぐ飛ばすためには、基本的なアドレスやスイングの技術を習得し、フェースコントロールにも注目する必要があります。打ちっぱなしやゴルフレッスンでの練習を通じて、これらの技術を体に染み込ませることが、上達への近道と言えるでしょう。最終的には、これらの基本をマスターし、クラブを使いこなすことが、真っすぐ飛ばすための最大の秘訣です。

【基本編】正しいアドレスの構え方とクラブの持ち方

ゴルフにおいて真っすぐ飛ばすための基本となるのが、アドレスの構え方とクラブの持ち方です。正しい構え方を身につけることで、ボールは目指す方向に真っすぐ飛んでいきます。まずは、足を肩幅に開き、膝は軽く曲げてリラックスした状態で構えましょう。クラブは握りすぎず、手のひらではなく指で持つこと(フィンガーグリップ)がポイントです。

ゴルフスイングの基本は、適切な軌道で振り抜くことです。そのためには、グリップの正しい握り方が必須であり、それにはクラブをしっかりとコントロールする力が求められます。

最終的には、クラブの使い方がゴルフにおいて非常に重要です。正しいアドレスとクラブの持ち方は、ボールを真っすぐ飛ばすための基礎であり、この基本をマスターすることで、ゴルフのスコアを劇的に改善することが可能になります。練習を重ねて、正しいフォームを身につけましょう。

【スイング編】ゴルフ初心者が覚えるべきスイングの基本

ゴルフ初心者が最初に学ぶべきは、スイングの基本です。真っすぐ飛ばすためには、アドレスの構え方やクラブの握り方が重要であり、これらがスイングに大きく影響を及ぼします。

スイングを行う際には、クラブを一定のリズムで振り抜くことが求められます。バックスイングからダウンスイング、そしてフォロースルーに至るまで、一連の動きをスムーズにつなげる必要があります。特に、インパクトの瞬間にクラブフェースがボールに対して正面を向いていることが、真っすぐ飛ばすための鍵となります。

真っすぐ遠くに飛ばすためには、クラブの動きを理解する事が大切です。特に、ボールの飛び出し方向とフェースの関係性を意識しながら、ドロー・フェードを打つ練習をすることで、よりコントロールの効いたショットが可能になります。

【飛距離アップ】真っすぐ遠くに飛ばすための練習方法

ゴルフを始めたばかりの方にとって、真っすぐ遠くにボールを飛ばすことは、非常に魅力的な目標です。しかし、そのためには、基本からしっかりと身につける必要があります。まずは、正しいアドレスの構え方とクラブの持ち方をマスターしましょう。クラブのグリップは握りすぎず、自然な力で保持することがポイントです。

練習場などでやっていただきたい練習方法として、ショートアイアンを持って7割くらいの力でボールを打っていただきたいです。
9番アイアンやピッチングウェッジなどで行うようにしましょう。
そして普段打っている飛距離より10~20%ほど落ちて大丈夫ですので、とにかくバックスイングとダウンスイングを等速に行えるようにしましょう。
ゴルフクラブを振り子運動で使う事が、初心者の方にとって1番の課題になっていきます。
飛距離は後からついてきます。まずはゴルフクラブを振り子で使っていきましょう!

ゴルフ打ちっぱなしでの効果的な練習法とは?

打ちっぱなしでただ闇雲にスイングしている方を見かけたことは無いでしょうか?
あれは本当に自己満足の世界です(笑)
ドラコンであれば話は別かもしれませんが、ゴルフというスポーツはもちろん飛距離も大事なのですが、いかに狙ったところにボールを運べるかというゲームです。

なので、まず最初は闇雲に振っていくよりも狙いどころをしっかりと決めて、そこに打てるようになりましょう!!
9番アイアンやピッチングウェッジを持って、100~120ヤード付近に狙いを定めていきましょう。この時、7割くらいで打てる距離が理想です。
力はいらないので、バックスイングとダウンスイングが等しくなるように振り子を意識して打っていきましょう!!

【方向性を制する】曲がりを抑え、まっすぐ飛ばすコツ

ゴルフで真っすぐ飛ばすためには、クラブの使い方が非常に重要です。フックやスライスは、ボールが想定した軌道から逸れる原因となりますが、これらはクラブフェースの向きとスイング軌道によって生じます。真っすぐ飛ばすための基礎知識として、フックはインサイドからアウトの軌道でボールを打つときに起こります。逆にスライスは、アウトサイドからインの軌道で打つときに現れます。

飛距離を伸ばしつつ曲がりを抑える練習方法もあります。打ちっぱなしでの効果的な練習法としては、目標を定めて打つことが挙げられます。特定の目標に向かって打つことで、方向性を意識したスイングが身につきます。

曲がりを抑えるためには、ボールの飛び出し方向フェースの関係性を理解することが重要です。フェースがボールに対してスクエアであれば、ボールは真っすぐ飛び出す可能性が高まります。しかし、ゴルフでは完全なストレートボールを打つことは難しく、ドローやフェードを意識することで、よりコントロールしやすいショットを身につけることができます。

ゴルフ初心者が真っすぐ飛ばすためには、正しいアドレスとスイングの基本をマスターし、練習を重ねることが不可欠です。フックやスライスのメカニズムを理解し、クラブの使い方を工夫することで、より方向性を制することが可能となります。常に正確性を追求し、練習を積むことで、ゴルフの腕前は格段に向上するでしょう。

ボールの飛び出し方向とフェースの関係性

ボールが真っすぐ飛ばない原因の一つに、クラブフェースの開閉が挙げられます。フェースがスクエア(正対)でなければ、ボールは色んな方向に飛び出してしまうのです。フェースが開いていると右に、閉じていると左に飛び出します。スイング時にフェースの角度を一定に保つことが、真っすぐ飛ばすためには不可欠です。

フックやスライスを出さないためには、クラブを正しく握ることが大切です。グリップが強すぎたり弱すぎたりするとフックやスライスになりやすいので、適度な力加減で握りましょう。また、スイング軌道も影響します。インサイドアウトの軌道で打つとドローボールに、アウトサイドインの軌道で打つとフェードボールになります。それぞれの打ち方をマスターすることで、コントロール性を高めることができます。

ゴルフの技術向上には、正しい知識と練習が欠かせません。クラブの使い方を理解し、練習を重ねることで、真っすぐ飛ばす技術を身につけることができるでしょう。フェースの角度とスイング軌道を意識することが、真っすぐ飛ばすためのコツとなります。

ストレートボールよりもドロー・フェードを意識しよう

ゴルフを楽しむ上で、真っすぐ遠くに飛ばす技術は非常に重要です。しかし、真っすぐ飛ばすことに固執するあまり、フックやスライスを過度に恐れる必要はありません。ボールが曲がるメカニズムを理解し、それをコントロールすることが大切です。

ゴルフの上達には、ストレートボールを追求するだけでなく、ドローやフェードといったボールの曲げ方を理解し、意識的に使い分けることが有効です。これらのショットをマスターすることで、風の影響を受けにくいショットが打てるようになり、またコースの形状に合わせた戦略的なプレイが可能になります。

最終的には、クラブの使い方がゴルフにおける重要な鍵を握っています。正しい知識と練習を積むことで、真っすぐ飛ばす技術も自然と身についていくでしょう。プレイヤーは自分自身のスイングと向き合い、経験を積み重ねることで、ゴルフの醍醐味をより深く味わえるようになります。

【まとめ】ゴルフ初心者が真っすぐ飛ばすために最も大切なこと

ゴルフ初心者が直線的にボールを飛ばすためには、まず正しいアドレスの構え方をマスターすることが重要です。クラブの持ち方にも注意を払い、グリップが緩すぎず、かつ強く握りすぎないようにしましょう。スイングの基本を覚えることで、安定した飛距離と方向性を得ることができます。

ボールを遠くに飛ばすための練習方法としては、打ちっぱなしでの効果的な練習が挙げられます。特に、ボールの飛び出し方向とフェースの関係性を理解することで、フックやスライスを抑えることが可能です。

また、ストレートボールを目指すよりも、ドローやフェードをコントロールする技術を身につけることで、より精度の高いゴルフが可能になります。クラブの使い方が最終的にはゴルフの上達に直結するため、練習を重ねて技術を磨いていくことが大切です。

また、ブリッジゴルフ博多駅前店では

  • クラブを握ったことの無い初心者の方
  • 天神・博多でレッスン場をお探しの方
  • 今からゴルフを始めようと思っている方
  • ラウンドデビューをしてみたい方

たくさんの初心者の方のご来店、どしどしお待ちしております💪

クラブの使い方からゴルフの基礎知識などなど、初心者の方にはとてもタメになるレッスンをたくさんご用意しております😁

まずは体験レッスンで雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか??

体験レッスンのご予約はこちら👈

最後までお読みいただきありがとうございました🙇🏾‍♂️

ブリッジゴルフ博多駅前店 古賀

  1. ゴルフ 柔軟性 体力 筋力
PAGE TOP