ゴルフ アプローチを練習する女性

ゴルフ上達のカギ!止まらないアプローチを止める方法とは?

皆様こんにちは!

ブリッジゴルフ博多駅前本店の古賀です!!

ゴルフスコアを大幅に改善するには、アプローチの精度が重要ですよね!

しかし多くのゴルファーが苦戦するのが、グリーン周りでの止まらないアプローチ。この記事では、そんな悩みを解消するための具体的なテクニックを紹介していきます💁‍♂️

適切なクラブ選択、スイングのコツ、練習方法に焦点を当て、グリーンを狙う自信を身に付けるための秘訣をお教えいたします😁

是非最後までご覧くださいませ🙇🏾

アプローチが止まらない原因とは?

ゴルフにおいてアプローチショットはスコアを大きく左右する重要なショットです。しかし、多くのゴルファーがアプローチがグリーン上で止まらないという悩みを抱えています。止まらないアプローチの主な理由は、スピン量の不足や打ち方に問題があることが挙げられます。スピンを効かせるためには、正しい知識を頭に入れなければいけません。
それではスピンをかける原理についてお話していきます。

スピンを効かせるアプローチの基本は、フェース面とボールの接触時間を長くすることです。そうすることでフェースにボールが乗るという感覚が出て、しっかりとスピンが入った球を打てるようになります。
それでは、具体的にスピンをかける方法について説明していきましょう👇

道具の影響:ボールとクラブのチェック

ゴルフクラブ

アプローチショットがグリーン上で止まらないという問題は、多くのゴルファーが直面する課題です。その原因の一つに、使用しているボールクラブの性能が関係していることがあります。

もしあなたがスピンをかけたいと思っているのであれば、スピン系のボールを使用するようにしましょう。
一般的にゴルフボールはスピン系か、ディスタンス系に分かれます。
ディスタンス系のボールの特徴としては、安価で手に入ることです。これはボールの構造によるものです。
ゴルフボールは何個かの層によって構成されており、2つの層だと2ピース、3つの層だと3ピースと呼ばれたりします。ディスタンス系のボールは2ピースと呼ばれる簡単な構造の物が多いため、安値で購入できます。ただ、ディスタンス系のボールはスピンが入りにくいという性質があり、飛距離に特化したボールと言えます。
一方、スピン系のボールはディスタンス系のボールより高額になりますが、スピンが入りやすいという特徴があります。アプローチでのスピンを求めるのか、飛距離を求めるのかで、選ぶといいでしょう。

ゴルフ ウェッジ

また、ゴルフクラブもスピンをかけるためには大事になってきます。古いウェッジよりも新しいウェッジの方がフェース面の溝が深いため、ボールが食いつきやすくスピンが入りやすいというデータがあります。
ただ古いウェッジでも十分にスピンはかかるので、そこまで気にしなくとも良いですが、フェース面の溝に芝が詰まっているような状況は避けましょう。フェース面はいつもピカピカにしておいて下さい✨

これでスピンをかける準備は完了です!!

スピンを効かせるアプローチの基本

ゴルフスイング イメージ

アプローチショットでボールを止めるためには、適切なスピンのかけ方をマスターすることが重要です。ゴルフでは、グリーン周りでの精度がスコアに大きく影響します。止まらないアプローチが問題となる場合、まずはボールとクラブの相性を見直しましょう。そして次に大事なのが基本となる考え方になります。

スピンを効かせるためには、ボールの打ち出し角度や打ち方にも注意が必要です。また、スイング時の手首の使い方もスピン量を左右するため、正確なリリースタイミングを覚えることが大切です。

スピンをかけようと思った時によく耳にするのが、フェースを開いてカットに入れるとか聞いたことがあるかもしれません。しかしそんなことをする必要は全くいりません。
フェース面は開かずに真っすぐ使いましょう。そしてフェース面に乗せるためには、ロフトを立ててヘッドを等速に振る技術が必要です。

スピンが入らない多くの方は、ボールを上げることに必死になってしまいがちです。理由は簡単で、ボールをピンの近くで止めたければスピンでキュッと止まるかボールを高く上げて高さで止めるしかありません。そもそもスピンが入る感覚が無いため、上げないと止まらないと思いボールを上げたくなってしまうのです。

スピンを入れたければ、下からすくうように打っていては空中でスピンがほどけてしまいやすいので、まずはサンドウェッジで低く打つイメージを持って練習していきましょう!

実践!スピンの効いたアプローチショットの打ち方

ゴルフ アプローチ

さあ、いよいよスピンのきいたアプローチを実践していきます。
止まらないアプローチから、キュッと止まるアプローチを覚えていきましょう😁

まずは皆さま9番アイアンを持ってください。
そしてランニングアプローチ(転がし)を練習していきます。
この時に大事なことは、
1.おへその前から手が離れない事
2.ボールをしゃくる動きをしない事
3.ヘッドを等速に動かしてあげる事

の3つをまずは意識しましょう。

アプローチで難しいのが、手首をめちゃくちゃに固めて打つわけでもなく、かといって手首だけで打つこともない、その塩梅がとても難しいです。
ここを覚えたいので、ひたすら9番アイアンで転がしアプローチを練習しましょう。ダフリもトップも無くなってきたら、ほぼ完成です。

これで感覚をつかんだら、サンドウェッジに持ち替えて、同じような感覚で打ってみましょう。きっとフェースに乗る感覚が分かるでしょう!!

チップショットの打ち方(20~30ヤード)

ゴルフ アプローチ チップショット

チップショットという言葉をご存じですか??
日本語で言うと、「転がし」のアプローチになります。
先ほどお伝えした、9番アイアンの転がしアプローチがここに生きてきます。
目の前に障害物(バンカーやウォーターハザード)が無い限り、チップショットで狙っていきましょう!
アプローチの基本は「転がせるなら転がす」が基本だと私は考えています。
何故なら、上げるよりも転がしていった方が距離感は出やすいからです。

そして距離感の出し方ですが、振り幅ではなく、フォローをどれくらい出すかで距離感をつかんでいきましょう!

例えば皆様、ゴミ箱にティッシュを投げる際、どのくらいの手のふり幅で投げよう…?なんて考えませんよね?
後ろにどれくらい振るかよりも、前にどのくらい手を振ろうと考えるのが人間として普通です。さらに「どれくらい投げよう…」なんて考えないですよね。目標を見ながら「このくらいかなー」って感じだと思います。これが人間が本来持っている距離感になるので、振り幅ではなく、どのくらいフォローを出すかで距離感を出していきましょう!!

ピッチショットの打ち方(40~60ヤード)

ゴルフ アプローチ ピッチショット

ピッチショットとは、転がしていくチップショットとは違い、上げて止めるものです。ただこの場合も、基本の打ち方はチップショットと同じと思っていただいていいです。なぜなら、ボールを上げたいと思うと普通は下からすくいたくなるので、スピンが上手く入らず、グリーンに着弾しているのに止まらずにグリーンからこぼれてしまうという事になりかねません。

なので、基本の考え方はチップショットと同じでいいのですが、それでも高さが欲しい場合はあると思います。
その時はフォローを高くとるようにしましょう。
フォローを低くとろうと思うと、ボールも自然と低くなるので、フォローを高くとろうと思うとボールも高く上がります。

40~60ヤードを狙う際も距離感はフォローでイメージしましょう!
決してインパクトの強さで決めることはしないようにしましょう!!

長距離アプローチのコツ(60~100ヤード)

ゴルフ アプローチ 100ヤード

60~100ヤード以内を1発でグリーンに乗せられるようになると80台も見えてきます。
この時も考え方はチップショットで行きましょう。
意識していただきたいことは、「ボールの打ち出し角」です。最初から高く上がるような球になってしまうと、空中でスピンがほどけやすくなったりしてしまいますので、打ち出しは低くボールが飛んでいくようなイメージで打っていきましょう。
こうすることでインパクト時のロフト角が立ちやすくフェース面にボールが乗るようになってきます。

後は練習場でひたすら練習していきましょう!!
何球も繰り返し打つことで、スイングリズムや打ち出し角も一定になってくると思います。この距離をしっかりと乗せられれば、100切りや90台、80台も安定して出せるようになってきます。ドライバーの飛距離やユーティリティ、FW(フェアウェイウッド)が上手く打てるなんて言うのは、あまり100切りには関係ないです。100ヤード以内が勝負です!!さあ、頑張って練習していきましょう!!

まとめ:止まらないアプローチを克服してスコアアップ!

アプローチが止まらない人の多くは、フェースにボールを乗せられない方が多いです。そしてボールを乗せられない方の多くは、ボールをすくおうとしている方が非常に多いです。
ロフトが立たなければフェースには乗りようが無いので、まずは打ち出し角をコントロールできるようになりましょう。
そして100ヤード以内のアプローチを確実に仕留められるように練習していきましょう。練習場でドライバーを振りたくなる気持ちはものすごく分かります。しかしそればかり練習していてはスコアは良くなりません。
退屈かもしれませんが、100ヤード以内をきっちり打てるようになっていきましょう!!

また、ブリッジゴルフ博多駅前本店ではお客様と伴走型レッスンで、楽しく明るくゴルフを練習していきます。
時には面白おかしく、時には熱心に指導してくれるスタッフがたくさん常駐しております。
皆様もそんな環境でゴルフを楽しく上手くなりませんか??
まずは体験レッスンから当店の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか👇

ブリッジゴルフ博多駅前本店 体験レッスンのご案内

最後までお読みいただきありがとうございました🙇🏾‍♂️

ブリッジゴルフ博多駅前本店 古賀

  1. ゴルフ 何が楽しいのか
PAGE TOP