ケガをする前に御覧ください!女性に多いスイング中のエラーポイント

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、女性に多いスイング中のエラーポイントについてお話させて頂きます。

バックスイングで背中が反ってしまう

女性に多いスイング中のエラーポイントとして、

バックスイングのトップ(一番上)の位置で背中が反ってしまうということが挙げられます。

女性は、男性と比べて筋力が低いです。

そのため、クラブを体全体を使ってあげようとされます。

手先だけではなくて、体全体でクラブをあげていくということは

非常に素晴らしいことです!

しかし、トップで背中が反って(反り腰)しまうと

腰痛の原因や、背中を痛めてしまいます。

更に、上手くボールを打ち出していくことが難しいです。

なので、スイング中は常に

背中を一本の棒のように真っ直ぐ保っておきます!

そうすると、腰や背中を痛めること無くボールを打ち出すことが出来てきます。

背中をトップで反らせない方法として、

左肩をご自身の顎下まで、しっかりと体を捻ります。

背中を反らせてしまうと、体を捻らずともクラブをあげていくことが出来ます。

逆を言えば、しっかり左肩が顎の下まで入るように体を捻ると、背中は反らないです。

体が捻れていると綺麗にボールを打ち出していくことが出来ます!

ただし、この時注意して頂きたいポイントは

左肩と右肩が常に一直線の関係で回るように気をつけて下さい!

利き手に力が入りすぎている

次に、スイング中に多いエラーとして、利き手に力が入り過ぎているということが挙げられます。

このエラーは女性だけではなく、むしろ男性にかなり多いのですが

女性のほうがケガのリスクが高くなります。

利き手側に力が入り、ボールを打とうとすると

地面を叩いてしまいます。(ダフる)

地面を叩いた時の、手に伝わる衝撃は結構強いので

手や指を痛めてしまう可能性が高いです。

ですので、女性ほど、利き手側ではない腕と体全体を使ってスイングを行っていきます。

スイングの行い方などは、また別の記事でお話をさせて頂きたいと思います。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. ゴルフ ミスショット
PAGE TOP