速攻改善!カット打ちが治らない方へ

皆さんこんにちは。沼です。

本日は、カット打ちが中々治らない方への練習方法をお伝えさせて頂きます。

カット打ちとは?

カット打ちとは、クラブヘッドの軌道が外から内へとボールに対して

インパクトを迎える為、アウトサイドインの軌道になっています。

つまり、ボールに時計回りのスピンが掛かり、スライスになっていきます。

また、チーピンの原因にもなってきます。

トップで右脇がガバっと空いてしまう

カット打ちになる原因はいくつかありますが、

多くの原因は、バックスイングのトップで右肘が体側よりも

外側へ出てしまうことが挙げられます。

右肘が体側よりも外側へ出ることにより、

ダウンスイングからも右脇が開く状態になり、

右肩が前に出てくるようになります。

そうすると、アウトサイドインの軌道になり、カット打ちになります。

改善の練習方法

トップで右肘が体側の外側へ出ないようにするドリルとして、

右脇にタオルなど薄いものをはさみます。

そして、そのタオルが落ちないようにします。

そうすると、トップで右肘の向きが体側よりも外側へ向いていたものが、

右肘が下を向くようになり、右脇が開かなくなります。

右脇に挟んだタオルはアドレスからフィニッシュまで、

終始落ちないようにして下さい。

最初は違和感もあり、振りにくいと感じるかもしれませんが

振っていると、正しい身体の使い方を覚えてきます。

是非一度行ってみて下さい。

本日は以上になります。

お読み頂き誠にありがとうございました。

ブリッジゴルフ 沼

  1. ゴルフをする女性
  2. ゴルフ ドライバー
  3. ゴルフが上手くならない
PAGE TOP