ゴルフ

アイアンショットをまっすぐに!プロが教える大事なポイント

皆様こんにちは!

ブリッジゴルフ博多駅前本店の古賀です!

今日はアイアンショットがどうしても曲がってしまう方へ向けた記事となっております。

ミンウーリーのような、キレッキレなアイアンショットを身につけたい方だけお読みください(笑)

それでは最後までよろしくお願いします😁

はじめに

ゴルフ アプローチ 100ヤード

ゴルフのアイアンショットは、コースでのスコアを大きく左右する重要なショットです。
しかし、多くのアマチュアゴルファーが直線的なショットを打つことに苦労しています。
そこで、プロが実践するアイアンショットを安定してまっすぐ飛ばすための3つのポイントを紹介します。
グリップの握り方、スタンスの幅、スイングの軌道に注目し、これらの要素をマスターすることで、一貫性のあるショットを実現できるようになります。

アイアンショットの基本を押さえる

ゴルフ スイング

アイアンショットの成功は、正確なスイングから始まります。基本的なスイングのメカニズムを理解し、それを体で覚えることが重要です。
アドレス時には、フェースが目標に対してまっすぐになるように構え、グリップはしっかりと握りすぎず、「ゆるゆる」な状態を保ちましょう。
バックスイングとダウンスイングでは、ゴルフクラブが「振り子時計」のように動いていることを目指します。

ボールが曲がる問題に対処するには、フェースの向きクラブパスをチェックすることが欠かせません。フェースが開いていたり、閉じていたりすると、ボールは予想外の方向に飛んでしまいます。この問題を解決するためには、フェースの向きをコントロールする練習を積むことが効果的です。例えばハーフショットを繰り返し行い、フェースの開閉を意識しながら、面をまっすぐ当てる感覚を養うのです。

さらに、アイアンショットの精度を高めるためには、ドローやフェードといった球筋を意識した練習が役立ちます。
自分の打ちたい球筋をイメージし、それを実現するためのスイングを心がけることで、より戦略的なゴルフが可能になります。

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、正しいスイングの基本を身につけ、フェースの向きとスイングパスをコントロールする練習を重ねる必要があります。常に自己改善を目指し、一打一打に全力を尽くすことで、アイアンショットの精度は高まるでしょう。

正しいゴルフスイングの基本とは?

ゴルフクラブ

ゴルフスイングの基本を理解し、アイアンショットをまっすぐ飛ばすことは、上達への近道です。スイングの基礎となるのは、クラブの使い方。
ゴルフクラブを正しく扱えるようになると、格段にスキルが上がります。

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、フェースの向きとスイング軌道が鍵を握ります。インパクト時にフェースが正面を向いていれば、ボールは真っ直ぐ飛びやすくなります。

最後に、アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、練習と理論の両方が不可欠です。正しいスイングの基本を身につけ、それを実践の中で応用していくことが、ゴルフの上達へとつながるでしょう。

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためのテクニック

goruhu

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、まずは「真っすぐ飛ばしたい」という概念を捨て去ることです(笑)
プロゴルファーでも基本的にドロー・フェードといった球筋を常に意識しながら球を打っています。その中で曲がり幅が少なくなってくると真っすぐ打っているように見えるのですが、基本的にはどちらか(フック・スライス)の回転を意識しながら打っていきます。

そして、ハーフショットの練習を積むことで、フェースの向きをコントロールする技術が向上します。ボールの曲がり方を理解し、必要に応じてフェースの開閉を使い分けることができるようになると、より精度の高いアイアンショットを実現できるようになります。

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためのテクニックは、基本に忠実に練習を重ねることから始まります。正しいスイング軌道を身に付け、フェースのコントロールをマスターすることが、理想的なショットを生み出す鍵となるでしょう。

フェースの向きをコントロールするハーフショットの練習法

ゴルフ ウェッジ

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、フェースの向きが非常に重要です。フェースが正しい向きを指していなければ、ボールは目的の方向に飛んでいきません。

この練習法では、まず振り幅をフルショットの8割くらいに落としてあげましょう。
そしていつもの8割くらいの飛距離を打つ練習をしながら、面(フェースの向き)を感じていきましょう。
この時に、面を感じやすくなるポイントは、
・右手のひら
・左手の甲

どちらかを意識するとフェース面の感覚が出てきます。
多くの方は右利きが多いと思いますので、右手のひらで意識するとフェース面が感じやすくなるかと思います。
そしてインパクト時にしっかりとフェース面が目標方向に向いていくように反復していきましょう!

このような練習を繰り返すことで、アイアンショットをまっすぐ飛ばすためのフェースコントロールが身につき、ゴルフのスコアアップにつながるでしょう。

ボールの曲がりを理解し、フェースの開閉を使い分ける

ゴルフ

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、ボールの曲がりの原理を理解し、クラブフェースの開閉を適切に使い分けることが重要です。クラブフェースが目標に対して正確にスクエアになっているか、または意図的に開いたり閉じたりしているかが、ボールの飛び方に大きく影響します。スイング時にフェースが開いているとボールは右に曲がりやすく閉じている左に曲がりやすい傾向にあります。

この曲がりをコントロールするためには、自分で思い通りに「曲げる」ことがまず初めに覚えていくことです。
球をどうやったら意図した方向に曲げられるかを、感覚で覚えることで、曲がり幅のコントロールも自由自在になってきます。

逆に、どうすれば球が曲がるのか分からない、常に真っすぐな球しか目指していないような人は、フックもスライスもどっちも出てしまうので、いつまでも悩むことになってしまいます。
まずは意図した方向に球を曲げられるようになっていきましょう!
その後で、球を曲げないように練習していきましょう!

実践で役立つアイアンショットのコツ

ゴルフ アプローチ チップショット

実践で使えるようなアイアンショットを身につけるには、色んな状況をイメージしながら打っていきましょう。

例えば、
木と木の間を低く通していきたい
左側の見えないところにグリーンがあるので、フックボールでグリーンに向かっていくような球を打ちたい
右側にグリーンがあるので、スライスするようなボールでグリーンを狙いたい
などなど、ボールを曲げて打たなければいけない状況って意外にもたくさんあるものです。
そんなコースで実際に役に立つボールを打てるように、練習ではたくさんの種類の球を打つ練習をしていきましょう!
球の高低・曲がる方向・打ち出す方向、色んな条件を変えながら練習していきましょう!

ドロー・フェードを意識したコースマネジメント

ゴルフではアイアンショットをまっすぐ飛ばすことが非常に重要です。
しかし、コース上では風の影響やフェアウェイの形状などにより、ドローやフェードを打つことで有利に進める場合もあります。

ドロー・フェードを意識したコースマネジメントとは、自分の打ちたいボールの軌道を選択し、それに合わせたショットを打つことを指します。例えば、右にスライスするフェードボールは、左側の障害物を避けるのに適していますし、左にフックするドローボールは右側の障害物を避けながら進めるのに役立ちます。

アイアンでドローやフェードを使い分けることが、コースマネジメントの上級テクニックと言えるでしょう。
実際にプロゴルファーは、風の条件やフェアウェイの状況を読み、最適なショットを選択しています。このように戦略的にアイアンショットを使いこなすことが、スコアを良くするための重要なポイントになります。

プロが実践するアイアンショットの練習メニュー

ゴルフ 練習している様子

とはいえ、アイアンをまっすぐ打てるに越したことは無いでしょうし、誰しもがまっすぐ打ちたいと思っているでしょう。

そこでアイアンの練習メニューを皆様にお伝えしましょう。
それは
・右手と左手の片手打ち
・パンチショット

の練習です。

まず、練習の初めに片手打ちを交互に行うことで、体とクラブの同調を意識できると同時に、フェース面の感覚も養うことが出来ます。
最初は中々難しいですが、たくさん取り組んでいくと出来るようになっていきます。

次に、パンチショットです。
腰から下だけで、フルショットの距離を出すように練習します。
これにはクラブの使い方がかなり盛り込まれており、フェース面の使い方や、体重移動、ロフトを立ててインパクトするなどの、ゴルフクラブを扱う上で大事なことが詰まっているので、この技術を習得すれば、キレキレなアイアンショットが打てるようになるでしょう!!

まとめ:アイアンショットをまっすぐ飛ばすために覚えておきたいこと

アイアンショットをまっすぐ飛ばすためには、正しいゴルフスイングの基本を身につけることが必須です。

スイングの際には、フェースの向きを意識し、ボールの曲がりをコントロールする技術が求められます。
また、ハーフショットの練習を通じて、フェースの開閉を自在に操ることも大切です。コース上での実践においては、ドローやフェードを意識したマネジメントが役立ちますし、プロゴルファーが行う練習メニューを取り入れることで、より精度の高いショットを目指せるでしょう。

それぞれのポイントを押さえ、練習を積み重ねることで、目標とするまっすぐなアイアンショットを実現できます。

博多ゴルフレッスン|博多ゴルフスクール|

また、ブリッジゴルフ博多駅前本店ではアイアンの打ち方から、長いクラブ(ドライバー、フェアウェイウッドなど)に加えて、パターやアプローチ、コースマネージメントを含めたラウンドレッスンなど、ゴルフが上手くなりたい方にはとても有益な情報がたくさん詰まったゴルフレッスンを展開しております!

100が中々切れない方や、ラウンドデビューしてみたいけど不安な方、博多天神エリアでゴルフレッスン、ゴルフスクールを探している方は、是非体験レッスンにお越しくださいませ🙂

体験レッスンのご予約はこちら👇

ブリッジゴルフ博多駅前本店 体験レッスンのご案内

最後までお読みいただきありがとうございました🙇🏾‍♂️

ブリッジゴルフ博多駅前本店 古賀

  1. ゴルフ ドライバー
  2. コツコツ 努力
PAGE TOP